【もやよし-53】ストリートガーデンシアター(表参道)

実は「あなたの街で『もやよし』やります」と称し、行き先のご依頼をひっそりと受け付けておりまして…

これまでご依頼を受けて行ったもやよし:
木下東京競馬場逆井蓮根西巣鴨吉祥寺片倉

今回、約1年半ぶりにご依頼をいただいたので、行ってまいりました。

東京メトロ千代田線、表参道駅。

B2出口から地上に出て

地上に出た途端、暑い

青山通りを渋谷方面へ歩くこと数分。

着きました! 今回の目的地、「ストリートガーデンシアター」です。

ストリートガーデンシアターとは:
様々な建築家やアーティストが東京都内各所で作品を展示している「パビリオン・トウキョウ2021」。9つのパビリオンのうち、建築家の藤原徹平さんとその仲間たちによって旧こどもの城前に建てられたのがこの「ストリートガーデンシアター」。
会期:7月1日〜9月5日 場所: 東京都渋谷区神宮前5丁目53-1旧こどもの城前 
https://paviliontokyo.jp/pavilion-fujiwara/

Instagram によると「藤原徹平と仲間たちによる、ひと夏の植物と人のための劇場です。」とのことで

日当たりも水ハケも良さそう。植物たちが元気。

まずは一通り内部をウロウロしてみる
ふむふむ・・・なるほどね

あちこちに段差があり、床はスベスベしてます。

最上部から青山通りを眺める

久しぶりに大都会へやって来たので戦々恐々としていましたが、平日の午前中というのもあって、それほど人通りは多くありませんね。

沿ってみる

日差しが強くて影のラインがハッキリ出るので、いつになく画面の中が複雑です。線が多い。

ちょっと天気が良すぎるな

吹き出る汗を拭いつつ・・・

ずるずるずる〜
今回依頼をくれた建築家の山川陸さん(白井とは10年来の友人です)

リサーチャーとしてこのプロジェクトに参加している山川氏によると、ここにある植物の中には、町屋や駒込など複数の町の民家から借りてきたものもあるのだそう。

いわゆる路上園芸や、家庭菜園、盆栽などが混じってる
仲間に入れてもらいました

黄色いタンクにお水を貯めて、朝に水やりをするそうです。気持ち良さそうですね。

道具も可愛い
床下はジメッとしていて涼しい
堪能しました

外から見ると隙がないようにも感じられますが、実際に中に入ってみると、なかなか遊び甲斐がありました。

カメラを置く位置によって切り取られる景色が複雑に変化するのが、難しくもあり、面白かったです。

さて、フジワラボの皆さまに別れを告げて渋谷方面へと歩き出しましたが

KEKEも白飛びするほどの太陽光

いよいよ危険な暑さなので、辺りをサーっと歩いて、すぐ帰ることにします。

レトロカッコいいマンション

青山通りから外れて原宿方面へ入ると、意外にも高層マンションが立ち並ぶ住宅地。

(表参道に住んでる人ってどういう人なんだろう…)

渋谷の谷の近くなので、このあたりも結構ゆるい坂道が多いですね。

落書き vs 禁煙。執念を感じる

路地の奥に、神社らしき建物が。行ってみましょう。

こんなところに神社なんてあったんだ

穏田(おんでん)神社といいます。

絵馬を拝見したところ、どうやら「ラブライブ!」の聖地になっているみたいです。

さて、神社から出てすぐ、マップに「旧渋谷川遊歩道路」と書いてある場所にやってきました。

おや? ここは・・・

キャットストリートだ。

旧渋谷川と言われてみれば確かに、この道、いかにも「昔は川でした」という雰囲気ですね。

何度も来たことのある場所でしたが、暗渠だったとは気が付きませんでした。

明治神宮前駅から千代田線で帰りました。

「もやよし」で造成地や工事現場の多い街を歩いたりすると、「街は常に変化していてこの光景は今だけのものかもしれない」なんて考えたりもしますが、

今回の「ストリートガーデンシアター」は明確に期間が限定されていて、正真正銘「今だけ」の光景でした。

期間が決まっている、一時的である、ということが、劇場というか舞台装置っぽさにも繋がっていたような気がします。

街の景色や公園の遊具とはまた違った感触を身体で味わいました。

 【今回のルート】

【Vlogバージョンはこちら!】

この記事をシェア
目次
閉じる