アグネス吉井

Agnes YOSHII is a contemporary dance unit /
minimal performance artist.

アグネス吉井は、KEKEと白井愛咲によるコンテンポラリーダンスユニットです。
立つ、歩く、居る、など日常的な動作をダンスとして構成し、繊細さとユーモアを大切にした作品づくりをしています。

SAI Dance Festival 2018 終了しました。

worksに記録映像を公開しました。
当日の写真はこちらからご覧いただけます→写真家bozzoさんのflickerへ

pieces

Short video clips and notes publised on SNS.

10秒〜1分くらいの映像作品をinstagramを中心に数多く公開しています。
We're publishing many video works of around 10 seconds to 1 minute mainly on instagram.

Follow us !!

もやもやアグよし もやもやアグよし

毎月更新!
知らない街を訪ねて写真と動画と文章で綴る街歩きブログ(通称:もやよし)。
"Moya-moya Aguyoshi" is a weblog (Japanese only).

もやよし を読む

works

theater performances

2018.5
『透明な泥』
SAI DANCE Festival 2018
彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

2017.5
『来歴歴史』
SICF 18 PLAY
スパイラルガーデン

2016.12
『みうしない』
KAC TRIAL PROGRAM vol.1 DANCE
京都芸術センター フリースペース

撮影:桜木美幸

2016.9
パルTAMAフェス2016
十字路ステージ

2016.8
『探検王』第14回ZEN展
東京都美術館

2016.6
『空蝉』ダンスの在りか
RAFT

2016.5
『空蝉(仮)』ふりつけるvol.2 @yahiro 8

もっと見る

アグネス吉井Agnes YOSHII

アグネス吉井Agnes YOSHII

それぞれソロ作品を発表していた白井愛咲とKEKEが、2016年に結成したダンスユニット。ある特定の人物の名前ではない。
外部環境や他者との距離感を繊細に受容する身体観に根ざした作風は、「あまりにもささやかで、微弱で、注目されるはずもないような儚いものを頼りに踊っている〈弱さ〉のダンス」と評される(※)。劇場や公共空間で作品を上演するほか、毎月更新する街歩きブログ「もやもやアグよし」や、Instagramで公開する短い映像作品にも力を入れている。
(※森麻奈美 | KAC TRIAL PROGRAM vol.1 ダンス試演会【全体評】「何に踊らされて、先へ行くのか」

Agnes Yoshii is a dance unit formed in 2016 by Aisa Shirai and KEKE, based in Tokyo, Japan. Their work is rooted in the view of the body that delicately accepts the outside environment and the sense of distance with others. Critic says "It is a dance of weakness which is too modest, weak, dancing reliably on such fragile things as can not be noticed"(*). They actively perform not only in theaters but also outdoors, museums and galleries. Short video clips published in the Instagram are gradually getting popular.
(*Written by Manami Mori | KAC TRIAL PROGRAM vol.1 DANCE [General Review] )

JP|EN

KEKE

ダンサー・俳優。大学在学中に身体表現『ミイム』を和田千恵子氏に師事する。大学卒業後からダンスを始め、伊藤キム主催のダンスカンパニー 『輝く未来』に所属。以降解散までメンバーとして所属した。
その後は伊藤キム振付作品のほかにMOKK、かえるP、尾花藍子作品などに出演している。演劇の分野でも活躍し、PARCOプロデュースや維新派、アマヤドリなどに出演している。

He is a dancer / actor, has studied body expression "Mime" under Chieko Wada since he was in university. He started dancing after graduating from university, belonged to the dance company "Kagayaku Mirai" organized by Kim Ito, and then belonged as a member until dissolution. After that he appeared as a dancer in Kim Ito's works, MOKK, Kaeru-P and Aiko Obana's works etc. He has also played in the theater, appeared in PARCO produced performance, Ishinha, Amayadori etc.

JP|EN

白井愛咲 Aisa SHIRAI

ダンサー。幼少よりクラシックバレエを習い、高校でコンテンポラリーダンスを始める。立教大学現代心理学部映像身体学科を1期生として卒業。ソロで活動するほか、神村恵カンパニー、かえるP、尾花藍子作品などに出演。演劇作品やミュージックビデオへの振付・出演も行う。横浜ダンスコレクションEX2013コンペティションII奨励賞受賞。ダンスがみたい!新人シリーズ14新人賞受賞。2017年7月にd-倉庫にて「名称未設定」を発表。

She has studied classical ballet from a young age, worked on a contemporary dance from a high school, and graduated from the Body Expression and Cinematic Arts department of Rikkyo University in 2010. Her solo piece "Container" won the New Artist Prize at "DANCE GA MITAI! New Face Dance Festival 14" in 2016. Other solo work "HUM" won the Encouragement award in the Yokohama dance collection EX 2013 Competition II. She has participated in theater works and music videos as a choreographer, and also appeared on pieces of Kamimura Megumi Company, Kaeru-P, and Aiko Obana's works as a dancer.

JP|EN

Contact us

現在、一時的にメールフォームを閉鎖しています。
ご用のある方は、agnes.yoshii [at] gmail.com の
[at]をアットマークに変えてメールでご連絡ください。

© Agnes YOSHII
photo by Manaho Kaneko