【もやよし-44】東福生(JR八高線)

先に書いておきますが、今回のもやよしは終盤かなりバタバタしました。

それは何故かと言いますと…、まずはこちらの時刻表をご覧ください。

画像1

昼間の時間帯はだいたい30分に一本しか電車が来ない。

それが今回訪れた「八高線 東福生駅」なのです。

ひとつ電車を乗り過ごすとかなり待つことになるので、「電車の時間を考えながら歩こう」なんてこの時は話していたんですが…。

画像10

駅舎は簡素な造りです。階段を上った所に無人改札があります。

画像2

これは改札を出てすぐの場所からの眺め。

画像3

おっ、早速飛行機の姿が。

福生といえば基地の街というイメージですが、ふと空を見上げると目に入る、というくらいには頻繁に飛行機が飛んでいます。

画像4

駅前のロータリーは閑散としています。

まずはトイレに行きたいのですが、コンビニもありません。

画像5

というわけでスーパーMARUFUJIにお世話になります。

画像6

素敵なパン屋さんで昼食をゲット。

ゆっくり食べられるような公園を目指して歩きましょう。

画像7

ちょっと変わった構造のお宅ですね。

画像8

フェンスの向こうは米軍横田基地の敷地。

東福生駅から横田基地は、目と鼻の先です。

横田基地(よこたきち)の中はどうなってるの??|東京都福生市公式ホームページ

画像9

鮮やかなブルーのカバさん。「グワアアアア…!」と言いながら落ち葉を吐き出しているように見えます。

武蔵野台東公園でパンを食べながら一休みしました。

画像11

東福生の街を走る通りには、様々な名前がついています。ここは「武蔵野台通り」。

画像12

そしてこっちは…

画像13

「加美立体通り」。「加美」は古くからの町名だそうですが、「立体」とはなんでしょうか…。

画像14

そしてここは「動物公園通り」です。この道をずっと行くと、羽村市動物公園に辿り着くらしい。

画像15

動物公園通りから少し東に入った所にある、New American Village にやってきました。

画像16

その名の通り、アメリカンなお家が並ぶ一角。

塀や生垣がないので、お庭や玄関と道路とがシームレスに感じられます。

画像17

動物公園通りを渡って西側は、工場が密集するエリアです。

画像18

武蔵野台公園という公園で、残っていたパンを食べました。

画像19

公園の隣には、変電所がありました。
このあたりの地域は電線があまり地下化されていないようです。

画像20
画像21

さて、八高線の東福生駅 と 青梅線の福生駅はけっこう近いので、福生駅の方にも行ってみることにします。

画像22

遠くに見えるあの山は、なんという山でしょうか。

画像23

カーブミラーが四角い!
福生で見かけたカーブミラーは、ここ以外も四角かったです。何か特殊な理由があるのかもしれません。

画像24

福生駅の近くまで来ました。

東福生駅と比べて、かなり賑わっている感じがします。

画像25

飲食店も多く、カラフルな看板が目につきます。

画像26

手書きの「犬」

画像27

東福生駅と福生駅の間には、多摩川が削った段丘崖が南北に走っています。

一度降りた崖線を再び登って、東福生方面へ戻ります。

画像28

福生駅前から15分ほどで、東福生駅周辺に戻ることができました。

帰りの電車が来るまであと8分……

どうしても作品動画をもう一本撮りたい我々は、駅前の小さな広場に賭けることにしました。

画像29

ここで何かをやるしかない!何かを・・・

これで「よし!撮れた!おっけー!」ということにして、

JR成田線・木下の回以来、1年10ヶ月ぶりの

「30分に1本!!!!!」

という叫びとともに駅のホームへ滑り込みます。

画像30

無事、間に合いました・・・。

東福生の駅前には何もないので、寒空の中30分待つはめにならなくて本当によかったです。

【今回のルート】

【もやよし東福生編・YouTubeバージョン】

この記事をシェア
目次
閉じる