【もやよし-01】見沼代親水公園

「アグネス吉井」の二人が、行ったことのない街の空気を吸って、自分たちなりに吐き出す様子を記録する「もやもやアグよし」。

記念すべき第一回目の土地は日暮里舎人ライナーの終点「見沼代親水公園」

まずは日暮里舎人ライナーに乗ります。

一番前の席からはコックピットのような景色が。

日暮里から20分ほどゆられて終点の見沼代親水公園に到着します。

到着しました。

舎人ライナーの先っぽ。

ちなみに今日の気温は6℃です。

これが見沼代親水公園です。

細長い池に細長い遊歩道のようなものがくっついています。

100メートルほど同じような景色が続きます。

そして終わります。

見沼代親水公園は特にもう見るものがなかったので、住宅地を歩きます。

「ジョイクリーン」という名前のアパート。

すんごい緑。

なぜ「ジョイ“グリーン”」にしなかったのか、気になります。

リサイクルショップ。(たぶん)

入口のすぐそばにハムスターを飼う用の籠がおいてありました。

でも中には、ほわほわの真っ白な毛がたくさん入っているだけで生き物の姿が見えなかったです。

怖かったので中に入りませんでした。

30分ほど歩くと、舎人公園につきました。

広い。

だだっ広い。

何もなく、人もまばらで、ただ木が生えているだけ。

同じ景色がどこまでも続く。

スペースを無駄使いしている、と思いました。

お店や、遊具の類が一切ありません。

でも、とても、とにかく遠くまで見渡せます。

池が目の前に現れたので

「釣り」をモチーフにしたシーンを、稽古してみました。

アグよし的、釣り。

帰りも日暮里舎人ライナーに乗りました。

今回はほとんど通行人がいなかったです。

次回はもうちょっと、人と触れ合って、街の空気を吸っていこうと思いました。

他の動画はアグよしチャンネルからご覧いただけます。

この記事をシェア
目次
閉じる